アセチルグルコサミンサプリランキング@関節痛におすすめはどれ?

MENU

吸収率が約3倍!効果の高いアセチルグルコサミン!

 

アセチルグルコサミンとは

 

いまは健康や美容によいとされている成分が非常に多くあり、テレビ番組をはじめとするメディアで取り上げられる機会がたびたびあります。

 

そのような成分の中の一つにアセチルグルコサミンと呼ばれるものがあるのですが、これは一体どういうものなのでしょうか。

 

アセチルグルコサミンは単糖類であるアミノ酸の一種であり、わたしたちの体だと皮膚、関節の軟骨部分、目といった場所に多く存在しているのが特徴です。

 

また、天然グルコサミンとも称されていますが、アセチルグルコサミンと同じもののことを指していますので、混乱しないようにここで覚えておくとよいでしょう。

 

どうして天然型グルコサミン?

 

アセチルグルコサミンが天然型グルコサミンと呼ばれているのは、体の皮膚や関節といった場所にある成分と形が一緒であるためです。もとからある成分と同じであるために天然型のグルコサミンともいわれているわけです。

 

どういう働きをするの?

 

潤いのある肌、健康な関節の維持に欠かせない成分というと、コラーゲンやヒアルロン酸を思い浮かべる人は多いでしょうが、アセチルグルコサミンはこれらのうちヒアルロン酸がつくり出されるのを促すはたらきをします。

 

また、関節や軟骨の構成成分であるコンドロイチンがつくり出されることも、アセチルグルコサミンが促進してくれるのです。

 

したがって、みずみずしい肌を目指したり、関節痛の対策をしたりといったことを望んでいる人であれば、意欲的に摂りたい成分であるといえるでしょう。

 

グルコサミンとの違い

 

アセチルグルコサミンは、通常のグルコサミンと同じものではないの?と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。ここではグルコサミンとアセチルグルコサミンの相違点を解説しますので、疑問を解消したい人はぜひチェックしてください。

 

使われかたは共通

 

アセチルグルコサミンも通常のグルコサミンも、保湿成分や関節成分として最終的に使用される点では共通しています。ただ、使われるまでのステップに、通常のグルコサミンとアセチルグルコサミンには違いがあるという点に注意が必要です。

 

通常のグルコサミンの場合

 

アセチルグルコサミンではないほうのグルコサミンは、体内に入るとすぐに保湿成分や軟骨成分として使われるわけではありません。

 

いったん体内で取り込まれ、アセチルグルコサミンへと変わったあとで、保湿成分や軟骨成分として使われているのです。そのため、比較的少量しか使われないという欠点があります。

 

アセチルグルコサミンの場合

 

通常のグルコサミンとは異なり、アセチルグルコサミンはすぐに保湿成分や軟骨成分として使われます。いったん形を変えるなどする必要がないぶん、使われる量も多くなります。

 

なお、通常のグルコサミンと比較すると、アセチルグルコサミンはなんと3倍もの量が有効に使われるということが明らかになっているのです。

 

そのため、同僚摂取した場合にはアセチルグルコサミンのほうが効率よく美容や健康に役立てられるということができるでしょう。